C6用 サスペンションと車高に関して
2011.08.22 Monday 22:35
C6用サスペンションと車高に関して



お盆を過ぎると暑さも和らぎほっとする感じがする。

秋本番ももう直ぐだ。秋は走りに最適なシーズンで、コルベット等大排気量スポーツカーにはベストシーズン到来となる。

さて、C6(含むZ06とZR1)用のサスペンションと車高を基本に戻って考えてみた。



1)まず車高は上下アームの角度を中心に考えると自ずと決まってくると、ショックアブソーバーのストローク量は十分確保したい。

アームの角度は目視で確認できる。下げ過ぎに要注意だ。



2)ショックはビルシュタインを中心に開発してきたが、乗り易さを重視したセッティングに拘ってきた。C6用として5種類の減衰力を変えたセッティングがある。

また今後は減衰力を調整出来きるタイプの発売を検討中だ。



3)スプリングはリーフとCoilを併用したタイプを基本としたい。特にZ06/ZR1はアルミフレームなので、ショックのアッパーマウントに全荷重を負担させる事への危惧がある。

但し、ロールケージ付き車輌で、アッパーマウント付近にロールケージを装着した場合は別だ。



4)GT3用ナックルを装着した場合は、ハブベアリング取り付け位置が1インチ変わるので、車高を下げた場合でも必要なアーム角度は確保できる。

但し、空力(空気抵抗)を考えると、高い車高でも低過ぎる車高でも良くない。ノーマル車高より少し低い辺りにベストな位置がありそうだ。



5)お盆休みの前にKatech製リアスポイラーを装着した。休みを利用してTEST走行を繰り返したが、ストリート中心に考えるとやはり本装着には躊躇する。引き続きTESTするつもりだが、車体底面の整流でダウンフォースを稼ぎ、ZR1純正スポイラー+20mm位までの高さに抑えたいと考えている。

また併せて車高も変更予定だ。



6)Bridgestone POTENZA RE11

今のところ、Z06/ZR1には残念ながらサイズの設定が無いが、C6クーペ&コンバーチブルには245/40ZR18と285/35ZR19は設定がある。285/35ZR19は国内では未発売だが、直輸入で入手は可能だ。

最近2台のC6にRE11を装着させて頂いたが、意外に乗り心地が良く、走高音も低く好評を頂いた。C6コルベットではベストタイヤと云える。

2005年〜のC6だが、タイヤ交換の際 可能ならアライメントチェックもされる事をお奨めする。適正なアライメントとRE11で走りが変わる。特に純正G.YランフラットからRE11に入れ替えた時は、驚かれるはずだ。









  








| | C6コルベット | - | - | pookmark |
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM