2019 ZR1 w/ZTK and 2016 Z06 w/Z07 Package
2020.07.19 Sunday 19:37

2019 ZR1 with ZTK and 2016 Z06 with Z07 Package

 

どちらも全くオリジナル状態だが、さすがにこの車高の高さは改善したい。
Billletナックルに交換して車高を下げる事がStdだ。
Billet ナックルはハブベアリング装着位置が、約25.4mm上がっているが、レバー比等で車高としては、約28mm程度下げる事が可能だ。
ナックルを交換することで、基本的なサスペンションのジオメトリーを維持しながら、重心を下げる事が出来る。
Corvetteにおいても理想的な車高の下げ方だ。

 

もちろんショックアブソーバーのストロークも、まったくノーマルの状態を維持出来る。
Billetナックルに加え、上下Aアームのブッシュを、NMB製スフェリカルベアリングKITを装着することで、次元の違う乗り味とオンザレール感覚のコーナリングが可能となるのがC6とC7 Corvetteだ。

タイヤはDry コンデションでは、Cup2 ZPが無難だが、正確な空気圧管理は不可欠となる。


Corvetteは655〜755馬力と、FRスポーツカーの中でも最も高出力な一台だが、セッティングの許容範囲の狭いのが事実だ。
正確なピンポイント数値でのアライメント、Corvette専用タイヤと正確な空気圧管理は欠かせない。
それらが揃えば、公道ではまずTop5に入る速さのあるのが、Corvette ZR1とZ06だろう。
共に最高速はノーマル状態でも、330kmを超えることは周知の通りだろう。

ZR1はビルシュタインのテストコースで、公式に346kmを記録したが、チューニングすることで380km以上も可能になる。

 

ちなみにC6 ZR1は同じ程度の出力でも、更に最高速度域が速い。

今月のはじめ、TVS 2650を搭載したC6 ZR1がTEXASマイルで、385km以上を記録した。

空気抵抗の小ささが、この最高速に繋がっている。

これがCorvette ZR1の魅力だ。

 

 

DSC_8382_01.JPG

 

DSC_8385_01.JPG

 

DSC_8379.JPG

 

 

| westcorvette | C7 ZR1 | - | - | pookmark |
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM