C8 Corvette フレーム構造
2019.08.09 Friday 08:57


 

C8 Corvette Frame

 

When GM announced the new C8, their goal was to make a true “supercar” for everyday use.  A car that could compete on the world stage.  Well, it appears that goal has been accomplished!

In order to do this, Corvette had to shed its relatively low-tech past and add some of the common tech and safety features offered on the advanced cars of today.  What’s amazing, is that GM was able to do this and keep the price way below the competition!

These new tech items are included on the 2LT and 3LT (the 1LT gets fewer features):
    Rear Cross Traffic Alert
    Side Blind Zone Alert Mirrors
    Upgraded HD Rear Vision Camera
    Updated Front Curb View Camera
    HD Live Video Rear View Mirror. It can also be used as a normal mirror
    Park Assist displaying distance-to-object

You will notice that some tech items, like Pre-Collision Braking and Adaptive Cruise Control have been left out of the C8.  Well, according to Corvette Chief Engineer Tadge Juechter, that was done on purpose. 
These items were left off as the Corvette was designed as a driver’s car and thus, should be driven, not drive itself.

| westcorvette | C8 ZR1 | - | - | pookmark |
C8 Corvette 発表
2019.07.19 Friday 22:55

C8 Corvette ZR1

 

C8 Corvette が発表された。
OHV 6.2L 495HP 搭載のベースモデルから、5.5L DOHC V8 Twin Turbo 850HPのZR1までがラインアップされる。更にTopモデルにはFront MotorのAWD 1,000馬力が加わる。
尚、基本価格は $60,000からと発表されたが、Topモデルでも$180,000〜なら、十分に魅力的なチューニングベースだろう。
LT2 OHVベースモデルではなく、C8 ZR1 AWDの登場を待ちたい。


5.5L DOHC V8エンジンだが、5.5Lの排気量はC7Rと同じだ。この5.5LDOHC V8エンジンが、レース用エンジンと共通基本構造(シリンダーブロック等)なら有り難い。
5.5L DOHC V8 はFlat Planeクランクと発表された。サスペンションはCoil Over、トランスミッションは、7速DTCのみ。
Cooling容量も大きく、Active Aerodynamicsも搭載されるようだ。

C8 ZR1用 チューニングパーツ、競技用ではなく、実用的で高品質な車体補強、Carbonエアロパーツ、スフェリカルサスKIT、コンピュータチューン、TE37 ULTRA等を開発予定だ。


ミッドシップレイアウト、5.5L DOHC Twin Turbo Engine、余裕のある冷却系統、Active earodynamics搭載、7速DTC、コイルオーバーサス 更にAWDとなれば、1200馬力〜1500馬力を活かしつつ、実用性も兼ね備えたC8 ZR1が見えてくる。

最高速度は400kmも十分に狙えるのがC8 ZR1だろう。


40年以上Corvetteを乗り続けてきたが、Specは最も理想に近い。最高のチューニングベース車輛だ。
New Corvetteとして、ニュルのタイムアタックが楽しみだ。

画像に含まれている可能性があるもの:車
| westcorvette | C8 ZR1 | - | - | pookmark |
C8 Corvette ニュルTEST走行動画 
2018.09.21 Friday 08:46

C8 CorvetteニュルTEST走行動画

 

https://www.youtube.com/watch?v=TyV8K7Vrp7k&feature=youtu.be

| westcorvette | C8 ZR1 | comments(0) | - | pookmark |
C8 Corvette ニュルTEST走行
2018.09.08 Saturday 11:26
| westcorvette | C8 ZR1 | - | - | pookmark |
C8R Sound 走行音
2018.08.12 Sunday 23:55

C8R Sound 走行音

 

C8R(C8 Corvette Race Car)のエンジン音だ。

このエンジン音は、5.5L DOHC V8 NAと思われるが、市販C8には、5.5L DOHC V8 Twin Turbo 850馬力が搭載される。

 

https://soundcloud.com/sportscar365/corvette-c8r-sound-revealed

https://soundcloud.com/sportsca…/corvette-c8r-sound-revealed...

 

市販車のTopモデルは、C8 ZR1で搭載されるエンジンは、同じくDOHC 5.5L Twin Turbo 850馬力となる。
ミッドシップレイアウト、DOHC 5.5L Twin Turbo 850馬力エンジン、7速Dual Clutch Transmission、Coilオーバーサス、Active Aerodynamics搭載 等々ようやくSuper Sports CarとしてのStandard(基本構造と速さ)を得たといえる。

 

Corvetteに乗り続けて40年を超えた。
1980年まではC3 Corvetteと454エンジン、1990年代はZR-1とLT5エンジン、2010年からはZR1に徹底的に拘ってきた。
2011年11月に ニュル7分19秒を達成したZR1も画期的だったが、更にポテンシャルの高い本命Corvette C8 ZR1が登場する事は嬉しい。
次の明確な目標としてC8 ZR1/Z06を決めた。

 

2019年からはC8 ZR1チューニングと、C8 ZR1パーツの開発を本格化するつもりだ。
まずは、エンジンチューンでは日本製タービン等で、実用性と乗り易さのある1100〜1200馬力を得たい。
足回りはC8 ZR1/Z06専用TE37 ULTRA鍛造ホイールの製作、NMBスフェリカルBearingサスと、フレーム補強等から開始することになる。
吸排気系統改善、EFI LiveをベースにしコンピュータチューンはC5、C6、C7同様 独自に開発し、更にエアロ関係、特に車体底面のDry Carbon製Under Panel装着の徹底、等を行いたい。

 

自分にとってCorvetteとCustom Rifleはライフワークになった。

 

 

Vx6FQRqRuFwV2AHTv1GF8gpS7rEk04dJWfBE2T-vVBE.jpg Aug 12_1105.JPG
yjimage.jpg Aug 12.jpg
| westcorvette | C8 ZR1 | - | - | pookmark |
C8 Corvette Race Car "C8R"
2018.08.10 Friday 14:43

C8 Corvette Race Car " C8R "

 

2019年1月のDetroit Auto Showでデビューする予定のC8 CorvetteのGT3仕様が撮られた。
C8 Corvetteは、6.2L OHV〜DOHC 5.5L Twin Turboの3種類のエンジンが搭載されるようだ。
更にTop Modelでは前輪がモーター駆動のAWDも加わる。

 

C7 Corvetteはオーバーヒートが問題になったが、FRレイアウトで低く狭いエンジンルームに、Supercharger付き6.2Lエンジンを搭載している現状では、クーリング問題だけでなく搭載が噂されたActive Aerodynamics等を搭載するスペースが無かった。
Active Aerodynamicsが、C7 最終モデルの2019 ZR1ではキャンセルに至ったのは周知の通りだ。
Sports Carとしての性能を追求すればMidシップレイアウトは当然の流れといえる。

 

次期C8 CorvetteはDOHC V8(180度クランク!)Twin Turbo 850HP Engine、Coil Overサス、7速Dual Clutch トランスミッションが、ようやく搭載される。
Top モデルはUSD$150,000〜180,000と予測されているが、性能的には$500,000クラスさえも凌駕すると思われる。
更にチューニングされれば、100万ドルクラスのVenom GT等を超えるだろう。
ニュル6分45秒切りも見えてくる。

 

c8r-005-copy-1533838748_3769.JPG

 

 

| westcorvette | C8 ZR1 | - | - | pookmark |
C8 Corvette will have 1,000 HP 5.5L DOHC V8 Engine with Flat-Plane Crank.
2018.05.30 Wednesday 21:45

C8 Corvette will have 1,000HP 5.5L DOHC V8 Engine with Flat-Plane Crank.

https://carbuzz.com/news/will-the-c8-chevrolet-corvette-have-nearly-1-000-hp

 

C8 Corvetteに搭載されるエンジンは改良型LT1(従来通りの6.2L OHV)500馬力をベースエンジンとし、新開発5.5L DOHC V8 エンジン600馬力仕様と、5.5L DOHC Twin Turbo 800馬力仕様が加わる。

この5.5L DOHC V8エンジンには、180度クランクシャフトが採用されるようだ。
180度クランクはレースカーV8エンジンやFerrari V8等で採用されているが、より高回転 高出力が得られる。
また排気音はこれまでの90度クランクとは違い、高回転が常用で出来ることでより甲高くなる。
世界のSports Carエンジンとしては、最も大排気量のFlat-Plane V8となると思われるが、高加給にも対応出来るシリンダーブロック強度(耐許容出力がLSX並みの、1,800馬力程度か)が期待できる。
テキサスMileでFord GTが樹立した最高速度記録、472.5kmをC8 Corvetteが上回る事も可能となるだろう。

 

更にTopモデル(おそらくZR1)は、前輪を200馬力のモーターで駆動するAWDモデルで、Total 出力1,000馬力とスクープされた。
ミッドシップレイアウトとなったC8 Corvetteは、5.5L Flat-Plane V8 Twin TurboエンジンとAWD、新開発の8速Dual Clutchトランスミッション、冷却能力アップ、優れたActive Aerodynamics機能の搭等、従来のCorvetteでは得られなかった高性能を搭載する事で、ニュル6分50秒切りも現実として見えてくるだろう。

 

 

 

429541.jpg C8 May 30th.jpg

 

 

 

 

 

 

| westcorvette | C8 ZR1 | - | - | pookmark |
C8 CORVETTE 情報
2017.08.14 Monday 10:39

C8 CORVETTE 情報

 

C7 ZR1が発表されていないが、時期C8 Corvetteの情報とスクープ画像が登場してきた。

エンジンはV6からV8らしいが、Dual Clutchトランスミッションが搭載されるのは朗報だ。

 

現行の8速パドルATは、スムースさはあるがDual Clutch特有のの鋭さにはイマイチ欠ける。

ATらしい味付けが過ぎた感があるが、(Corvette専用ではない。)メーカーの開発費との兼ね合いの辛い所だろう。

どちらにしてもDual Clutchトランスミッションは歓迎だ。

https://clicccar.com/2017/08/11/500532/

| westcorvette | C8 ZR1 | - | - | pookmark |
2018 C8 ZR1 Zora LT5搭載
2016.07.02 Saturday 14:07

C8 ZR1 Zora LT5 搭載

 

早くもKatechのパッケージメニューに、2018 C8 ZR1 Zora LT5 が登場した。

http://katechengines.com/performance/vehicles/c8-corvette-zr1zora/

詳細内容は未掲載だが、C8 ZR1 ZoraLT5と公開された。

Katechが2018 C8 ZR1 Zoraの車名と、搭載エンジンをLT5として公開した事の意味は大きい。

つまり来年の夏頃2018年モデルとして、ミッドシップレイアウトのC8 ZR1が正式に発売されるという事だ。

搭載するエンジンはLT5、1992年からのC4 Corvetteと同じ展開だ。

ベース車輛はLT1、その上にLT4が設定され、トップにはLT5となるのも同じだ。

LT5という呼称からDOHC V8の可能性もあり、更にTwin Turboとなると、900馬力近い高出力も期待できる。

FORD GTがLe Mans 24hrsにおいても、予想以上の速さと完成度を見せつけたが、ミッドシップレイアウトで登場するといわれている、次期 ZR1 Zora に期待したい。

 

 

| westcorvette | C8 ZR1 | - | - | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM