WEST Trucks
2017.05.14 Sunday 17:23

20年前に製作したWEST Trucks トランスポーター


1997年当時のFUSO 3軸低床車には、ハイルーフの設定がなかった。
下の画像はバン架装とエレベーター架装が完了した時点の物だが、正に普通の大型貨物トラックの感じだった。
サイドスカートも、標準的な低床用が装着されていたが、自分の求めるイメージとは違っていたので、専門外ではあったが、ハイルーフ、FUSO Super Great用フルエアロKIT、高床用フロントバンパーとスポイラー等を、全て自分でアレンジした。

 

上の画像は、ハイルーフ、高床用サイドスカート、FUSO Super Great用フルエアロKIT、高床用フロントスポイラー等を装着後、シルバーに全塗装した時のものだ。
また総輪22.5インチも前例が無いと言われたが、自分の判断で後輪を22.5インチにインチアップした。
同じ車輛だが、これ程に雰囲気が変わった。
これらは1997年当時の画像だ。

因みに4トン車に19.5インチホイールを装着する事で、積載量は僅かに減るが、インチアップ効果と耐荷重の増大、走行安定性が得られる。
スポーツカーも好きだが、トラックも大好きで拘ってきた。

 

DSC_8899_2059.JPG

 

DSC_8901_2058.JPG

 

 

 

| westcorvette | New GIGA 大型積載車 | - | - | pookmark |
WEST Forward GT Transporter Type 1 完成
2017.05.13 Saturday 19:04

WEST Forward GT Transporter Type 1 完成
 

プライベートSports Carユーザー用トランスポーター。

昨年8月に発注した、新型積載車が完成した。(社名に関しては敬称略)

基本的には積載作業性を大幅にアップした、極東開発工業製のフラトップ2仕様だ。車台部分が完全に地面に降りるタイプで、積み込み作業や、固縛作業が大幅に容易になった。

これまでのアウトリガータイプは、狭い場所での積載作業には向いていたが、車高の低いZR1やC7 Z06の様にCarbon製Splitter付きの場合、乗り込み角度が最も小さい10度前後の日新工業製とはいえ、Splitter部分と床面の接触が発生し、積載作業の難さがあった。

 

またSuper Great(大型トラック)の後部積載エレベータータイプは、アップした状態から自走で荷台部分に進入するが、簡単な積み込み作業ではなく、作業には二人以上を要した。

レーシングチームはほぼこのタイプを使用しているが、全長12mの大型低床4軸もしくは、全長15m〜のトレーラーとなると、一般的には身近なトランスポーターとは言えない。

 

昭和61年より積載車を導入してきた経験から、車台部分が完全に地面に降りるフラトップ仕様が最も使い易い。
19.5インチホイールを始めとして、「WEST Forward GT Transporter」は、トラックながら直進性、安定性と乗り易さを重視した。
プライベートSports Car ユーザーが、1人で積載作業が可能で、使い易い積載車の新しい形を目指している。
全長は8.3m〜となるが、オプションのロングW.B仕様では、前後長約700mmの貨物室(有効内幅は約2.35m、高さは約2.2m)の設定も可能だ。
例えばサーキットにいく場合、レース用タイヤや工具類を合法的に積載可能となる。*一般的な車輌積載車は、車輌以外の積載は不可。

 

Ferrariやランボルギーニ等Super Carのオーナーなら、都内が渋滞や雨天でも、愛車をトランスポーターに積載して目的地まで行くのも良い。
目的地がDryコンディションなら走行を楽しんだ後、また積載車に載せれば、帰りの渋滞や雨天も気にならない。ドライブインやパーキングでの休憩、食事も安心して楽しめる。(Type 2は専用箱型Closed Truck なので、全天候型となります。)
積載車=運送業者やディーラーのトラック、という従来の使い方だけではなく、Super Carオーナーの移動車庫的な使い方もありだろう。

 

WEST R&T COとして、今後このタイプのプライべートSports Carユーザー用トランスポーターを、注文製作販売していく予定だ。
車輛価格はType 2 の場合でも、同タイプの箱バン型よりかなり安価な価格設定を予定している。
基本的にType1(Open Truck)とType 2(Closed Truck) の2種類で、更にホイールベースも標準型とロングタイプが可能。

積載量は4トン車ベースでは約2.5tから1.8t。3トン車ベースの場合、Lowコストかつ積載量を更に大きく取ることが可能だが、走行性能や快適等を総合的に判断した結果、4t車もしくは増トン車を中心とした。
尚、1台済みトランスポーター+キャンピングカー的スペースを確保出来る、大型3軸低床車(オートマ仕様)での製作も検討可能。

以上これらの積載車は、プライベートSports Carユーザーの使用を前提とし、ユーザー目線で製作する、これまでにない積載車がコンセプトの基本だ。

詳細はお問合せ下さい。

 

 

DSC_8886_2056.JPG

 

 

 

 

 

 

| westcorvette | New GIGA 大型積載車 | - | - | pookmark |
GIGA 試乗 #2
2016.03.05 Saturday 19:24
2016030518030003_643.JPG





2016030518080000_646.JPG


GIGA 6X2 高床車
 

GIGAの6x2高床車を試乗した。
8x4低床車と比べて、前輪が22.5インチと大きい事等で、また違った操縦性を感じた。
380馬力エンジンは十分に速い。トランスミッションをスム-サーGxにするか、通常の7速M/Tにするかが選択肢となる。
パーキングエリアで駐車した際の画像だが、GIGAはフロントウインドーシールドとグリル位置が高い。
左隣はU.Dのクオン、右側はプロフィアだが、GIGAのフロントグリルの高さが際立つ。
先代のFUSO Super Greatは、17年間で26,000劼半ない走行距離だったが、GIGAは特に首都圏との搬送に役立てたいと考えている。


 
| westcorvette | New GIGA 大型積載車 | - | - | pookmark |
GIGA 試乗
2016.01.23 Saturday 16:53
新型GIGA試乗

新型GIGAに試乗した。
9.8Lの新型エンジンは、車外で聞く限りではかなり低騒音だ。
画像は25トン車でスム-サーG仕様(オートマチック)だが、380馬力の新型9.8Lエンジンは十分力強く速い。
これまではSuper Greatの3軸低床車360馬力だったので、黒煙の一切出ない低公害の新型車は好印象だ。
大型トラックでは200万キロが実用的らしいが、
日本製の耐200万キロ車のエンジンルームは、配管に至るまでしっかりとした造りに感じた。
 
DSC_5141_429.JPG

DSC_5145_430.JPG

DSC_5146_431.JPG

DSC_5148_432.JPG
 
 
| westcorvette | New GIGA 大型積載車 | - | - | pookmark |
新型GIGA 登場か。
2015.08.05 Wednesday 00:01
新型GIGA

長年FUSO Super Great 大型積載車を愛用してきたが、ご縁があって北関東のランボルギーニ愛好家の方にご購入頂いた。
次の積載車として、登場を待っていた新型GIGAがようやく見えてきた。実に18年ぶりの新型となる。
4軸低床でウイング仕様、ハイルーフとセミオートマと決めている。
先代のSuper Greatは3軸低床だったが、総輪22.5インチ(扁平タイヤ)で、ハイルーフ+高床仕様のフルエアロを装着したので独特の雰囲気があった。
車はコルベットZR1が最も好きだが、実は大型トラックも大好きだ。

上の白いキャビンで前2軸の方が新型GIGA、エンジンは直6の9.8L Turbo 380馬力。
下のシルバーの3軸低床が、これまでのWEST CORVETTE 大型積載車。
FUSO Super Greatでエンジンは直6の13L Turbo 360馬力 。最近の新しい大型トラックは、燃費改善のために小排気量Turboが主流らしい。
Super Greatは3軸低床車に、高床車用のサイドスカートを装着したので、かなり低い感じが出せた。
ハイルーフキャビンとエアロKITは全てSuper Great純正部品。後部車載用エレベーターは坪井特殊製。
また3軸低床車は前輪のみ22.5インチで、後輪2軸は19.5インチが標準だが、総輪22.5インチのアルミホイールを装着した。
Super Great購入時(17年前)に、後輪は60扁平のタイヤを装着したので、独得のレースカー専用積載車の感じが出せたと思う。
隣の4t車は、FUSO Fighter、7L 275馬力エンジンを搭載、現在も所有している。


 


| westcorvette | New GIGA 大型積載車 | - | - | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM