銃及び銃部品の個人輸入の特例に関して。 ライフル実包のリローディングに関して
2020.08.19 Wednesday 09:40
銃及び銃部品の個人輸入の特例に関して
ライフル銃、散弾銃及びその部品等を輸入するには、経済産業省で輸入承認を得
る事が必要だ。
但し所持許可を得た個人の銃の部品等の輸入に関しては、特例枠があるので利用
出来る。
所持許可を得た個人の銃の部品(例えばストック、予備弾倉、Scopeベース、替
え銃身等)は、特例枠で輸入通関が可能だが、あくまでも正式に所持許可を得た
銃の部品で、本人使用の物に限定される。
例えばRemington 700で口径が308Winや6mmBRを所持している場合、同じ
口径のShortアクション用部品の輸入通関は可能だが、同じRemington 700用
でも、300Winマグナム等のLongアクション用部品の輸入は出来ない。
具体的にはLongアクション用のストック、Longアクション用予備弾倉(装填数
5発以下)、Scope ベース等が該当する。
当然だが、所持していない銃(所持許可の無い銃)の部品を、特例枠で輸入する
事も出来ない
明らかに上記特例枠の範囲を超えて輸入された、というか意図的に輸入した思わ
れる案件も散見する。
 
仕事柄、税関から銃の部品等に関しての問い合わせを頂く事がある。
輸入通関申請された銃の部品等が、トイGUN用なのか銃(ライフル銃もしくは
弾銃)なのか等、判断が難しい場合が少なくない。
今後とも不正輸入防止の観点から、問い合わせには協力的に応じるつもりだ。
また明らかに法に適合しない案件は告発する方針だ。
実際に銃及び部品等のIL(輸入承認書)申請においても、我々業者の申請は、
全く原則通りだが、個人輸入の場合とは微妙に温度差を感じることもある。
自己所有の猟銃等の部品輸入は、上記の特例枠で許可された範囲であれば、
ば合法だが、明らかにその範囲を超えて輸入している案件は問題だ。
かつて近県において、軍用自動小銃に極めて近い5.56mm口径のヨーロッパ製
ライフル銃を、口径を6mmと偽り、不正に輸入し所持許可を取得した案件があ
った。(のちに摘発され所持許可は取り消された。)
やはり近県だが、個人で上記の輸入特例枠の使用が極めて多い案件もある。
単に件数が多いだけではなく、明らかに上記特例枠の範囲を超えていると思われ
る物も少なくなく、実際に現認した案件もある。
日本国内において、猟銃等は許可を得て所持できるのが日本の法律である以上、
銃刀法を遵守して所持をする事が大前提だ。 
輸入申告時に虚偽の申告や、不正な方法(海外通販等で税関申告を行わず)で銃
の部品等を輸入すると、関税法違反等で罰せられるだけでなく、銃刀法にも抵触
し、銃の所持許可を失う事もあるので注意が必要だ。
また現役軍用銃、及びその部品は当然だが輸入不可となる。一例として、英国軍
の現役 正式狙撃銃 L96A1がある。
製造元は A.I アキュラシーInternational社だが、銃本体だけでなくストックや弾
倉も、承認を取って輸入することが難しい。
現役英国軍の正式狙撃銃L96A1 (A.I アキュラシーInternational社製)の弾倉やス
トックの輸入は、輸入承認がされないと考えるのが妥当だろう。 
まして個人輸入の特例枠の範囲ではない。
上記の通りRemington 700を射撃や狩猟用として、口径308Winや6mmBRのシ
ョートアクションライフル銃を所持している場合、ショートアクション用の部品
は、個人特例枠でも輸入は可能だが、ロングアクション用のストックや弾倉の輸
入は、所持許可のない銃部品の輸入に該当するので不可だ。
ロングアクション用部品を、ショートアクション用として申告すると虚偽の申告
となる。
特に殺傷能力の高いライフル銃及びその部品等の輸入は、銃砲輸入業者だけでな
くライフル銃等(猟銃、射撃銃)を所持している個人も、全て同等の厳格さで法
を遵守する事が求められる。
eBay等海外オークションでこれらの銃部品等を落札した場合も、全て輸入承認
得て輸入(入手)しなければならない。
海外オークション(eBay等)で落札したライフル銃部品等が、稀に通関手続きを
経ずに入手出来た、と聞く事があるが銃の部品等を通関手続きをせず輸入する事
は、明らかに法律に違反する行為となり、刑事告発されると銃を所持している場
合は、銃の所持許可取り消しとなる可能性があるので注意が必要だ。
銃部品の輸入を検討する場合、輸入の可否に関して事前に経済産業省に問い合せ
てみる事も必要だろう。 
ライフル実包のリローディングに関して 新品薬莢の作業   

必ずネックのバリ取り(面取り)と、整形を行う。また雷管ホールのバリ取りも、薬莢後ろ側と内側から行う。
新品薬莢は重量測定を行い、極端に軽い物と重い物は省く。

弾頭 
新品弾頭は必ず、重量測定と外径のチェックを行う。経験から重量測定では、おおよそ70%辺りは揃った重量になるのでそれを本射用とし、重い物と、軽い物は、混合せずに試射用等で使用する。
また弾頭は、素手では触らず、必ず綿手袋をして作業を行う。
理由は指先の脂が弾頭に付着することで、ネックテンションが変わる→腔圧のバラつきが発生→着弾のバラつきが生じるからだ。

ルーブを完全に洗浄して除去すること
当然だが薬莢のフルダイもしくはネックダイで、リサイジング時に塗布するルーブは、弾頭をシートする時には完全に洗浄する事が不可欠だ。
ルーブは薬莢の焼き付きを防ぐ為の、極めて極圧に強い潤滑剤なので、弾頭をシート(装着)する時には絶対に洗浄しなければならない。
シンナーに5分程度浸した後、熱湯で10分間程度洗浄しているが、熱湯から出した後は、コンプレッサーの高圧エアーで、薬莢内側と雷管ホールの水分を飛ばしている。
その後一日程度は完全に乾燥させてから雷管を装着となる。

参考までに、発射後の薬莢の作業手順は下記の通り。
1)タンブラーで一晩程度研磨する。この時は雷管は装着したままでタンブラーに入れる。雷管を取り外した場合は絶対にタンブラーに入れてはならない。理由は雷管ホールが広がるからだ。

 
2)タンブラーのメデイアを完全に除去(エアーで飛ばしてから)ルーブを塗布してフルダイ、もしくはネックダイでリサイジングする。*この作業で雷管は外れる。
 
3)雷管ホールの掃除を行う。

4)シンナーと熱湯で薬莢を完全洗浄する。上記の通り、リサイジング用ルーブは完全に洗い落とす。

5)熱湯から出した薬莢は、薬莢内側と雷管ホールの水分と汚れ等を、高圧エアーで吹き飛ばす。

6)約1日程度完全に乾燥させる。冬季はストーブの前で置くのも良い。

7)ネック部分のバリや割れの有無を確認して雷管装着となる。

330Dakota Mag用リローディング用品

リローディングダイス 330Dakota Mag用は常に在庫が有り。

フルダイ Redding製ネックブッシュ交換式フルダイと、一般的なフルダイを常時在庫。ブッシングタイプのフルダイはReddingで特注可能。

 
ネックブッシングダイ 高精度のRedding製ネックブッシングダイは、330Dakota Magの設定が無いので、338Win用をベースに製作した。

弾頭装着用プレス Sinclair製アーバープレスを使用。やはりWilson シーターにも330Dakota Magの設定が無いので、338Win用をベースに当方で製作した。
Wilsonシーターは弾頭を真上から落とし込むので、弾頭装着時の精度が高いだけでなく、弾頭装着の硬さ具合がよく判るので、腔圧の揃った実包選別が可能だ。

注)上記の弾頭、薬莢、リローディング道具は全て常時在庫商品となります。



 
| westcorvette | Custom Rifle | - | - | pookmark |
H.S Precison Tactial Rifle 308Win Remington LTR 308 Win 入荷
2018.07.27 Friday 14:06

H.S Precison Tactial Rifle 308Win   Remington LTR 308 Win 入荷。

 

DSC_1930_3725.JPG

 

DSC_1956_3726.JPG

 

DSC_1961_3724.JPG]

 

 

 

 

DSC_1965_3728.JPG

 

 

DSC_1967_3730.JPG

 

DSC_1968_3732.JPG

 

DSC_1969_3731.JPG

 

DSC_1970_3733.JPG

 

DSC_1976_3734.JPG

 

DSC_1980_3735.JPG

 

 

 

| westcorvette | Custom Rifle | - | - | pookmark |
2016〜2017 WEST GUN TRADING CO.
2016.12.01 Thursday 18:09

2016年師走 WEST GUN TRADING CO

 

今年も残すところ僅かとなった。

アメリカ大統領が変わることで、銃及び銃部品等の輸入の改善に期待したい。

最近の為替相場は115円近辺と円安で、輸入業の立場としては約10%の原価高は痛い。

 

CORVETTEに関しては、1月初頭のデトロイトショーで、発表される2018年モデルのC7 ZR1に期待される。

更に翌年には、ミッドシップレイアウトのC8 ZR1発表が迫っている。

レクサスからは2017年春、LFLCの市販モデルである、LC500が発売される。

何かと忙しい師走だが、2017年に向けての楽しみが多い。

 

 

 

1766d.jpg

 

 

 

| westcorvette | Custom Rifle | - | - | pookmark |
Nesika K Action #K1153~K1156
2016.08.17 Wednesday 09:03


Nesika K Action

Nesika K Action 4丁が入荷したが、3丁はご予約頂いていたので残りは1丁のみとなった。
砲底面は308Win, 6mmBR, 6.5-284 Norma 用。
Extractorは、従来のNeiskaタイプに加え、新たにSAKOタイプも追加された。
射撃/狩猟銃にはNeiskaタイプExtractor、狩猟専用銃にはSAKOタイプExtractorが、より確実な排莢が可能だ。
続いてNesika L ActionとK Actionが入荷予定。L Actionは300 Dakota Mag、330 Dakota Mag用。
またNesika, Surgeon, McMillan 用のJewell Trigger (Top Right Safety付きで、Boltレリーズ無し)が入荷する。

薬莢は300Dakota Mag、330Dakota Magが入荷した。
300Dakota MagはNorma製とDakota製を在庫、330Dakota MagはNorma製となる。


 

DSC_5070_367.JPG
 

DSC_5081_369.JPG
 
左側がSAKOタイプExtractor、右側が従来のNeiskaタイプExtractor。
個人的にもNesikaライフル銃を、338Lapua Magと330 Dakota Magで十年近く撃ってきた。
Extractorは従来からのNesikaタイプ、北海道での蝦夷鹿猟やヒグマ猟においても全く問題はなかったが、狩猟専用銃にはSAKOタイプのExtractorが、より確実な排莢が可能となり信頼性に繋がるといえる。
| westcorvette | Custom Rifle | - | - | pookmark |
Custom Rifle WEST GUN ピラーベィデング
2016.03.28 Monday 19:42
DSC_5884_662.JPG

DSC_5881_663.JPG

DSC_5887_664.JPG

DSC_5871_665.JPG

DSC_5874_666.JPG
 
 画像はNesika Lアクション用 McMillan A2 ストック。ピラー上面は、アクション径に合わせてマシニング加工している。
 ストック先台の金具は、バイポッド装着時の補強金具、材質は2017ジュラルミン製。
 ストック後方のスリング取り付け金具は、全長90mmの同じく2017製ロングナットを製作して埋め込んでいる。
 本来この部分は木ネジだが、樹脂製ストックは内部が柔らかい充填材の為、木ネジでは取り付け強度が弱い。
| westcorvette | Custom Rifle | - | - | pookmark |
Nosler 300 WSM 薬莢入荷
2016.01.22 Friday 19:10
Nosler 300WSM 薬莢入荷

Nosler 300WSMの薬莢が入荷した。
一箱に25個入りで、クッション材でくるまれた丁寧な梱包が珍しい。
造りは良く、Normaに極めて近い印象を受けたが、価格もNormaと同等だ。
画像は左より、Winchester→Norma→Noslerとなる。

DSC_5166_425.JPG

DSC_5168_426.JPG

DSC_5169_463.JPG

DSC_5170_428.JPG

 
| westcorvette | Custom Rifle | - | - | pookmark |
AR15 Colt Match、AR10、M1 Garand Match
2016.01.11 Monday 16:55
AR15 Colt Match、AR10、M1 Garand Match

これらのライフル銃は、何れも以前は許可されていた物だが、流石に最近は所持許可が難しいのが現状だ。
M1 Garand Matchは30-06、AR15は223Remington 6mm、AR10は308Win(308NATO)となる。

 
DSC_4863_457.JPG



 
| westcorvette | Custom Rifle | - | - | pookmark |
Surgeon Action と 330Dakota Magに、薬莢作業の手順等を追記しました。
2015.02.27 Friday 21:34
Surgeon Actionと330Dakota Magに、薬莢作業の手順等を追記しました。

撃った後の、薬莢作業の手順、特にリサイジング用ルーブの、完全洗浄手順等の詳細をまとめた。
| | Custom Rifle | - | - | pookmark |
Surgeon Action と 330Dakota Mag
2015.02.23 Monday 23:49
Surgeon Action と 330Dakota Mag



Surgeon Action 下記の3アクションは全てスコープベースとリコイルラグが一体加工で、概要は下記の通りとなる。



Surgeon XL Action 角型ロングアクションで、砲底面が338Lapua Mag用が標準。30MOA

Surgeon 1086 Action 丸形ロングアクションで、砲底面が300Win〜330Dakota Mag等用。20MOA

Surgeon 591 Action  丸形ショートアクションで、砲底面が308Win用で20MOA。



*Surgeon RSR Action 丸形ショートアクションで、308Win用だが生産終了モデルで在庫限りとなる。スコープベースとリコイルラグは一体加工ではない。



McMillan ストック  

             

A2 Stock 縦型のピストルグリップで先台が太いタイプでストック重量は1,400〜1,500gと重い。



A3 Stock A2と似ているが、先台の厚さが違う。重量は1,200gとやや軽量。グリップはA2と同じ。



Hunter Stock 一般的なハンタータイプのストックで、チークピースが盛り上がる。先台はA2, A3より若干細くなる。800〜1,000gと軽量。



Surgeonのスコープベースは、機関部と一体加工されているので、MOA(傾き)の変更は出来ない。もし30MOAや20MOAが大きすぎる場合は、マイナス10〜15MOAのリング加工が可能。詳細は金沢まで。



330Dakota Mag

330Dakota Magの薬莢は、約1,000個 Norma製の在庫が有る。

Dakotaの薬莢は、当初は全てNorma製だったが、最近はアメリカのHornady製になった。330 Dakota MagはNorma製だが、300 Dakota MagはHornady製となる。



新品薬莢の作業   

必ずネックのバリ取り(面取り)と、整形を行う。また雷管ホールのバリ取りも、薬莢後ろ側と内側から行う。

新品薬莢は重量測定を行い、極端に軽い物と重い物は省く。



弾頭
 

新品弾頭は必ず、重量測定と外径のチェックを行う。経験から重量測定では、おおよそ70%辺りは揃った重量になるのでそれを本射用とし、重い物と、軽い物は、混合せずに試射用等で使用する。

また弾頭は、素手では触らず、必ず綿手袋をして作業を行う。

理由は指先の脂が弾頭に付着することで、ネックテンションが変わる→腔圧のバラつきが発生→着弾のバラつきが生じるからだ。



ルーブを完全に洗浄して除去すること

当然だが薬莢のフルダイもしくはネックダイで、リサイジング時に塗布するルーブは、弾頭をシートする時には完全に洗浄する事が不可欠だ。

ルーブは薬莢の焼き付きを防ぐ為の、極めて極圧に強い潤滑剤なので、弾頭をシート(装着)する時には絶対に洗浄しなければならない。

シンナーに5分程度浸した後、熱湯で10分間程度洗浄しているが、熱湯から出した後は、コンプレッサーの高圧エアーで、薬莢内側と雷管ホールの水分を飛ばしている。

その後一日程度は完全に乾燥させてから雷管を装着となる。



参考までに、発射後の薬莢の作業手順は下記の通り。

1)タンブラーで一晩程度研磨する。この時は雷管は装着したままでタンブラーに入れる。雷管を取り外した場合は絶対にタンブラーに入れてはならない。理由は雷管ホールが広がるからだ。

2)タンブラーのメデイアを完全に除去(エアーで飛ばしてから)ルーブを塗布してフルダイ、もしくはネックダイでリサイジングする。*この作業で雷管は外れる。

3)雷管ホールの掃除を行う。

4)シンナーと熱湯で薬莢を完全洗浄する。上記の通り、リサイジング用ルーブは完全に洗い落とす。

5)熱湯から出した薬莢は、薬莢内側と雷管ホールの水分と汚れ等を、高圧エアーで吹き飛ばす。

6)約1日程度完全に乾燥させる。冬季はストーブの前で置くのも良い。

7)ネック部分のバリや割れの有無を確認して雷管装着となる。



330Dakota Mag用リローディング用品

リローディングダイス 330Dakota Mag用は常に在庫が有り。

フルダイ       Redding製ネックブッシュ交換式フルダイと、一般的なフルダイを常時在庫。ブッシングタイプのフルダイはReddingで特注可能。



ネックブッシングダイ 高精度のRedding製ネックブッシングダイは、330Dakota Magの設定が無いので、338Win用をベースに製作した。



弾頭装着用プレス Sinclair製アーバープレスを使用。やはりWilson シーターにも330Dakota Magの設定が無いので、338Win用をベースに当方で製作した。

Wilsonシーターは弾頭を真上から落とし込むので、弾頭装着時の精度が高いだけでなく、弾頭装着の硬さ具合がよく判るので、腔圧の揃った実包選別が可能だ。



注)上記の弾頭、薬莢、リローディング道具は全て常時在庫商品となります。






| | Custom Rifle | - | - | pookmark |
Nesika Action #2
2015.02.15 Sunday 20:40
Nesika Actionに関して



Neisika K Action等は3月末頃の出荷との連絡が入った。

期待した新型アクションではなく、基本的には従来のActionだが改善はされているらしい。またSAKOエキストラクター等がオプションとして選択出来る。



初めてNesikaを所持してから、おおよそ10年以上だが、現在もNesikaを所持している。

現在のNeisikaは、意外に多く計21種類のアクション設定がある。



Round Type(丸形)アクションでエジェクションポートの小さいタイプ。308用はK、300Mag用はL、338Lapua Mag用はM。*Urban TacticalはK ActionもしくはKT Actionとなる。

Hunter Type(丸形)基本的にはRpundだが、エジェクションポートが大きい。給弾と軽量が目的。

Classic Type(角型)ベンチレスト用等

Tactical Type(丸形)Round Typeからの派生モデル、Bolt KnobとScope Baseが違う。



Round Typeにはレシーバー外径で、1.350", 1.470", 1.700" の3種類の設定があるが、1.350"が一般的で、1.470"は338Lapaua Mag 用となる。

現在1.470"の338Lapua Mag用は在庫がある。メカニカルエジェクターとプランジャーエジェクターの2種類となる。

Remington700等一般的なモデルは、全て1.350"レシーバーとなる。またBolt径は0.700"。1.350"アクションで338Lapua Mag用は、Bolt Face(砲底面)が大きい為、Bolt径が0.750"となるが、レシーバー外径は同じなので、肉厚が薄くなることになる。

因みに1.700"になると、一般的なMcMillanストックには搭載出来ない。理由はストックより幅広になるからだ。また重量も重くなるので、射撃専用銃とみるべきだろう。



Nesikaはステンレス鋼製のレシーバーに、クロモリ鋼製のBoltを組み合わせる。BoltはBorden Bump加工され、閉鎖時のBpltとレシーバーのクリアランスを少なくしている。

発射後の薬莢を確認すると、確かに撃針痕は雷管のセンター付近にまとまり、これは世界中の市販Hunterモデルでは最も良かった。因みにWin Model 70やSAKOの撃針痕のまとまり具合は、Borden Bump加工されたNesikaやSurgeonよりは劣るようだ。

まれに完全オリジナルのRemington 700マグナム口径で、300mの集弾が5cm以内を見かけたが、やはり撃針痕は揃っていた記憶がある。

撃針痕がまとまるから当たる、とは断言出来ないとの意見も散見するが、やはりセンターにまとまるのが良いと思う。

因みにSurgeonもBorden Bump加工はされているが、実測したクリアランスはNesikaより大きかった。

*雷管の撃針痕のまとまり具合は、やはりNesikaより若干劣った。但しSurgeonはゼロギャップ加工が可能なので、その場合は見事にセンターにまとまった。

Surgeonのクリアランスが大きい理由は、使用条件を考慮した結果と思われる。Nesikaは華奢なイメージだが、Surgeonはタフさを感じる。



Nesikaの特徴として、黒染めされていない生地仕上げ(レシーバーとBolt共に)がある。メカニカルな感じで綺麗だが、操作のスムースさからみると決して良くないと思う。

やはりクロモリ鋼を黒染めしたアクション(Surgeon 591や1086、XL等)の方が、馴染んでくると一段と滑らかに操作出来る。



それとNesikaはアクション全てを、放電加工で製作されたかのイメージがあったが、これは100%違うだろう。レシーバー外形は当然ながら旋盤加工されている。根拠は機械加工から考えれば当然なのと、ツールマークもしっかりと残っている。

放電加工されているのは、レシーバーの内側等一部のみだが、これはSurgeonも同じだ。

つまりNesikaが創業した当時は、NCマシニング等での加工が始まった時期で、それらの新しい設備を駆使して製造されたが、その一部が誇大に宣伝されたのだろう。



最後に、10年以上でNesikaを3丁所持してきたが、確かに当たるのも事実だ。これは自信を持っていえる。

上記の通り、1.350"レシーバーで338Lapua Magだと、肉厚は薄いが精度は良かった。

今は1.470"のL Actionで330 Dakota Magだ。精度に関しては1.350"でも大差はなかったと思うが、太い1.470"レシーバーは、如何にも剛性が高そうで安心感がある。

現在はこのNesikaとSurgeonXL 338Lapua Magとなるが、NesikaのロングActionで6.5-284Normaも良いと思う。

6.5-284Normaは1,000ydでのWorld Record 口径だ。
| | Custom Rifle | - | - | pookmark |
←back 1/2 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM