RAYS TE37 ULTR Track Edition 2019 C7 ZR1用新発売。
2019.10.16 Wednesday 19:29

TE37 ULTRA Track Edition 2019 ZR1用新発売

 

RAYS TE 37 ULTRA Track Edition for C7 ZR1 Wheels, coming soon.
Size 19-10.5J 20-12.0J
Color Blast Black
One piece forged wheels made in Japan. JWL approved.

 

We have in stock RAYS TE37 and TE37 ULTRA wheels for C6 Z06/ZR1 and C7 Z06 as below.
18-9.5J
19-9.5J
19-10.0J * TE37 ULTRA
19-12.0J
20-12.0J * TE37 ULTRA
20-12.0J * TE37 ULTRA Track Edition
Contact us for availability of size and color.
+81-595-47-1111
west@westcorvette.co.jp

 

trackedition.jpg

 

 

 

| westcorvette | C7 ZR1 | - | - | pookmark |
新入荷 タイヤとホイールの在庫状況 2019年10月13日 改定
2019.10.13 Sunday 16:05

2019年9月12日 新入荷タイヤとホイールのお知らせ

 

*消費税込み価格は、8%で価格を表示しています。10月から消費税が変わります。

 

新入荷

レイズ G16 Wheel 新入荷(在庫品ですので即納可能)

35GTR用  20-9.5J,  20-10.5J 色はブライトニング メタル ダーク 価格はお問い合わせ下さい。

レクサスLS用 20-8.5J 色はブライトニング メタル ダーク  価格はお問い合わせ下さい。

 

BBS Racing Wheel 在庫品 18-11.0J, 18-13.0J 17-12.0J, 17-14.5J

 

TE37 ULTRA Wheel

C7 Z06とC6 ZR1/Z06用 TE37在庫あります。TE37 ULTRA 19-10.0J  20-12.0J Mat Blackと

Diamond Dark ガンメタ

価格は598,000円(税別)*Rear WheelはCenter Cap装着可能タイプと無しの2種類があります。

 

新入荷

Potenza RE S007A 275/30ZR19と325/30ZR19 2019年製造1台分価格 255,000円(税別)

Potenza RE S007A 285/30ZR19と335/25ZR20 2019年製造1台分価格 275,000円  (税別)

SOLD

C6 Z06/ZR1とC7 Z06/ZR1で最も乗り易い、ハイグリップラジアルです。

 

在庫品

C6 Coupe用 RE71R 245/40ZR18  285/35ZR19 在庫有ります。特価

 

在庫品

C7 Z51とC7 Coupe用 ミシュラン PS4S Michelin Pilot Sports 4S 245/45ZR19 285/30ZR20

在庫有ります。 特価 お問い合わせ下さい。

 

新入荷

C7 Z06 C6 ZR1用  Cup2 ZP 2017年 後期製造  在庫有ります。248,000円  SOLD

          Cup2 ZP 2018年 前期製造  在庫有ります。278000円(税別)

          Cup2 ZP 2018年 中期製造  在庫有ります。308,000円(税別)SOLD

          Cup2 ZP 2018年 後期製造  在庫有ります。338,000円(税別)SOLD

          Cup2 ZP 2019年 前期製造  在庫有ります。368,000円(税別)まもなく入荷します。

 

新入荷 

C6 ZR1とC7 Z06用 ミシュランPSS ZP 285/30ZR19 335/25ZR20

2018年 後期 2019年前期 在庫有ります。

                      2018年後期製造  355,000円(税別)

                      2019年 前期製造 375,000円(税別)新入荷SOLD

 

新入荷 

C7 Z06とC6 Z06/ZR1用 Continental Extream Contact Sports

285/30ZR19 と335/25ZR20 2018年後期製造 4本1台分価格 275,000円(税別)まもなく入荷します。

 

新入荷

C4 Corvette ZR-1用 Falken 275/35ZR18 315/30ZR18  

価格はお問い合わせ下さい。

                                    

在庫品 NITTO Drag Radial NT05R 345/30ZR19 ドラッグレース用タイヤです。

特価 2018年製造 価格は お問合せ下さい。

 

在庫品

C6 ZR1とC7Z06用 TE37 ULTRA 19 & 20インチMat Black Cup2 ZP付き 1年使用

約2,000km、走行雨天未使用、パンク及びタイヤ傷一無し。418,000円(税別)

 

新入荷

C7 Z06とC6 ZR1用 TE37 ULTRA 19-10.0J 20-12.0J *センターキャップ装着可能

タイプ有ります。

 

受注品

LC500用 タイヤ ミシュランPS4S 245/45ZR20 275/40ZR20 お問合せ下さい。

後輪で約3.7kg/1本で軽量。乗り心地、操縦安定性が格段に良くなります。

 

特価品 

Hoosier R6 275/35ZR18  325/30ZR19  C6 Z06サイズ在庫品大特価

1台分 4本新品  88,000円(税込み)

 

在庫品

Potenza RE11 275/30ZR19     45,800円(税込み1本の価格)

完全ラップで冷暗所保管。残り2本のみ

C6 Z06/ZR1で、最も乗り易く高グリップで踏めるタイヤでしたが、後継品は

Potenza RES007Aとなります。

 

特価品

GM C7 Z06 純正ホイール 4本一台分セット 3本は振れ修正ホイールです。

特価 お問い合わせ下さい。

 

特価品 商談中

GM C6 ZR1 純正ホイール 4本1台分セット。純正タイヤが装着されていますが、

経年劣化と減りありますのでホイールの保護用とお考え下さい。SOLD

屋内保管、破損、擦り傷等のない綺麗な状態を保っています。特価品88,000円(税込み)

 

特価品 

Continental Force Contact ( Sタイヤ)500km走行のみ)完全ラップで冷暗倉庫保管

265/30ZR19  325/30ZR19    1台分4本 特価 88,000円(税込み)

 

在庫品 

WEST Euro Cross 日本製鍛造ホイール(鍛栄舎の製品です。)19-10.0J 20-12.0J

Cupタイヤ付き、約1,500kmのみTEST走行、振れ、リム傷等一切無し、雨天未使用。

再度バランス調整後納品。ホイール色は艶消し黒色 焼付け塗装。

タイヤ/ホイールは完全ラップで冷暗倉庫保管。    特価 388,000円(税込み)

 

DSC_8768_2006.JPG

 

DSC_8766_2007.JPG

 

DSC_8764_1995.JPG

 

DSC_8756_2008.JPG

 

 

在庫品 

GM Cup Wheel 19-10.0J 20-12.0J 新品特価 4本価格  348,000円(税込み)

Red Line無しタイプ在庫有ります。C7 Z06,  C6 Z06/ZR1に装着可能。

 

 

在庫品

C7 Corvette用 新品純正ホイール 黒色 前後1本づつ在庫あり。箱入り新品 特価

 

在庫品

C7 Z06用 新品純正ホイール 黒色 前後1本づつ在庫あり。箱入り新品 特価

 

在庫品

NISSAN 35GT-R用 Dunlop 純正タイヤ4本1台分 7,800km走行、パンク修理無し

完全ラップで冷暗倉庫保管。                              特価 64,800円(税込み)

 

特価品 NISSAN 35GT-R用 Michelin PSS 純正サイズ4本1台分 500km走行、パンク修理無し

完全ラップで冷暗倉庫保管。255/40ZR20 285/35ZR20  4本特価     SOLD

 

特価品 Potenza RE11 285/35ZR19 C6後輪用 1本価格 新品特価 41,800円(税込み)

 

特価品

C6 Z06/ZR1とC7 Z06/ZR1の格安中古タイヤも在庫有ります。

純正ミシュランPSS ZP、Cup2 ZP、RE11、コンチネンタル等となります。

 

以上全て在庫品ですので、即納可能です。現品ご確認頂けます。在庫にないサイズは、航空便

手配で約10日程で入荷します。

 

 

| westcorvette | ZR1レポート | - | - | pookmark |
C8 Corvette フレーム構造
2019.08.09 Friday 08:57


 

C8 Corvette Frame

 

When GM announced the new C8, their goal was to make a true “supercar” for everyday use.  A car that could compete on the world stage.  Well, it appears that goal has been accomplished!

In order to do this, Corvette had to shed its relatively low-tech past and add some of the common tech and safety features offered on the advanced cars of today.  What’s amazing, is that GM was able to do this and keep the price way below the competition!

These new tech items are included on the 2LT and 3LT (the 1LT gets fewer features):
    Rear Cross Traffic Alert
    Side Blind Zone Alert Mirrors
    Upgraded HD Rear Vision Camera
    Updated Front Curb View Camera
    HD Live Video Rear View Mirror. It can also be used as a normal mirror
    Park Assist displaying distance-to-object

You will notice that some tech items, like Pre-Collision Braking and Adaptive Cruise Control have been left out of the C8.  Well, according to Corvette Chief Engineer Tadge Juechter, that was done on purpose. 
These items were left off as the Corvette was designed as a driver’s car and thus, should be driven, not drive itself.

| westcorvette | C8 ZR1 | - | - | pookmark |
The WEST ZR1 417 CID
2019.07.26 Friday 11:40

The WEST ZR1 417 CID

 

WEST ZR1 equiped with following parts.
1) Lingenfelter 417 CID Short Block and LPE ported Heads.
2) Crower Stainless Shaft Rocker Arms.
3) 35% Over Drive Supercharger.
4) Katech Hi volume/pressure Oil Pump....
5) Lingenfelter GT9 Cam and GM high speed Lifters.
6) 3/8" Tapered Manton Push Rods.
7) D3 Large Intercooler Heat Exchanger and Kit.
8) C&R Intercooler Bricks.
9) Katech high mount coil relocation kit with MSD Coils.
10) WEST original EFI Live program installed.
11) WEST 3.0" Exhaust kit.
12) WEST 48mm Exhaust Headers with twin GTR Cats.
13) WEST/Bilshtein Shock Absobers.
14) LG Billet Knuckles.
15) WEST Spherical Mono Ball Bearing Bushing kit with NMB Bearings.
16) WEST New type Carbon Honeycome Under Panel kit.
17) ZR1 Splitter was modified for Lower Panel.
18) WEST Under Panel and 10 degree Rear Diffuser kit.
19) TE37 ULTRA forged Wheels, 19-10.0J and 20-12.0J.
20) Cup2 ZP 285/30ZR19 and 335/25ZR20.
21) O.S Giken Super Traction LSD 35/35.
22) Ron Davis Raditor.
23) WEST Intercooler Heat Exchanger and Raditor bleeder kit.
24) D3 Exhaust Blowby kit
25) Callaway Carbon Rear Spoiler.
26) Katech Brake Duct kit.
27) C5R Timming Chain.
28) RECARO SPA Seats.
29) WEST modified Frame and Front Bumper stiffness constractions.

30) Carbon Prop Shaft.


Spl thanks for WEST ZR1 fabrication, Tetsuya Inamura, Corvette Mike, O.S Giken, Lingenfelter engineering, LG Motorsports, and all of my friends.

 

 

DSC_4532_4987.JPG

 

DSC_4542_4993.JPG

 

DSC_4552_4997.JPG

 

DSC_4601_5029.JPG

 

 

DSC_4356_4910.JPG

 

DSC_4359_4911.JPG

 

DSC_4365_4913.JPG

 

DSC_4483_4947.JPG

 

DSC_4493_4953.JPG

 

DSC_4550_5241_1109.JPG

 

 

 

 

 

 

 

| westcorvette | ZR1レポート | - | - | pookmark |
C8 Corvette 発表
2019.07.19 Friday 22:55

C8 Corvette ZR1

 

C8 Corvette が発表された。
OHV 6.2L 495HP 搭載のベースモデルから、5.5L DOHC V8 Twin Turbo 850HPのZR1までがラインアップされる。更にTopモデルにはFront MotorのAWD 1,000馬力が加わる。
尚、基本価格は $60,000からと発表されたが、Topモデルでも$180,000〜なら、十分に魅力的なチューニングベースだろう。
LT2 OHVベースモデルではなく、C8 ZR1 AWDの登場を待ちたい。


5.5L DOHC V8エンジンだが、5.5Lの排気量はC7Rと同じだ。この5.5LDOHC V8エンジンが、レース用エンジンと共通基本構造(シリンダーブロック等)なら有り難い。
5.5L DOHC V8 はFlat Planeクランクと発表された。サスペンションはCoil Over、トランスミッションは、7速DTCのみ。
Cooling容量も大きく、Active Aerodynamicsも搭載されるようだ。

C8 ZR1用 チューニングパーツ、競技用ではなく、実用的で高品質な車体補強、Carbonエアロパーツ、スフェリカルサスKIT、コンピュータチューン、TE37 ULTRA等を開発予定だ。


ミッドシップレイアウト、5.5L DOHC Twin Turbo Engine、余裕のある冷却系統、Active earodynamics搭載、7速DTC、コイルオーバーサス 更にAWDとなれば、1200馬力〜1500馬力を活かしつつ、実用性も兼ね備えたC8 ZR1が見えてくる。

最高速度は400kmも十分に狙えるのがC8 ZR1だろう。


40年以上Corvetteを乗り続けてきたが、Specは最も理想に近い。最高のチューニングベース車輛だ。
New Corvetteとして、ニュルのタイムアタックが楽しみだ。

画像に含まれている可能性があるもの:車
| westcorvette | C8 ZR1 | - | - | pookmark |
2019 ZR1 ニュル7分04秒 JIm Mero
2019.04.18 Thursday 09:08

2019 ZR1 ニュル 7分04秒達成 Driver Jim Mero

https://www.corvetteblogger.com/2019/04/09/pics-jim-mero-confirms-he-lapped-the-nurburgring-in-704-with-the-2019-corvette-zr1/

 

下記は主なCorvetteのニュルラップタイム。

  • 7:33 – C7 Corvette Stingray Z51 (S)
  • 7:27 – C7 Corvette Grand Sport
  • 7:26 – C6 2009 Corvette ZR1
  • 7:22 – C6 2012 Corvette Z06
  • 7:19 – C6 2012 Corvette ZR1
  • 7:10 – C7 Corvette Z06
  • 6:57 – C7 Corvette ZR1 (S)

*(S)は非公認タイム。

 

上記の通り、

C6 ZR1は7分19秒が公認タイム。ウイングの装着されていない車輛では最も速い記録だ。

C7 Z06は7分10秒、C7 Grand Sportは7分27秒。

 

7月18日が発表予定の、C8 Corvette ZR1はActive Aero Dynamic System等を備え、搭載される

エンジンは5.5L DOHC V8+Twin Turbo仕様850馬力がどの位のタイムを達成できるか興味深い。

さらにAWDとして登場予定のZR1 ZORAは、Total出力1,000馬力と公表されている。

6分40秒前半が期待できるだろう。

Corvetteに乗り続けて43年目になるが、自分にとってC8はGMよりの大きなプレゼントと思える。

| westcorvette | C7 ZR1 | - | - | pookmark |
2019 ZR1 ご納車
2019.02.08 Friday 21:32

We delivered this 2019 ZR1 to customer, this is the first registered 2019 ZR1 here in Japan.

 

2月5日に2019 ZR1をご納車した。
ZR1は確実な接地感で高い操縦安定性が第一印象だ。
また大型のEaton2650 Superchargerを搭載する事で、低回転から大きなトルクが実感出来る。
C7 Z06の650馬力+8速ATの走りも良いが、ZR1の755馬力+7速MTの走りは更に良い。
特に7速MTとのマッチングが良く、65年に渡るFR Corvetteの歴史の最期を飾るに相応しい真打登場と云える。
久々に真剣に欲しいCorvetteに出逢った。

 

画像に含まれている可能性があるもの:車
| westcorvette | C7 ZR1 | - | - | pookmark |
C2 CorvetteとC3 Corvette の修理作業に関して
2019.01.21 Monday 09:22

 

 

DSC_0578_3021.JPG2018 1967 #3.JPG

 

 

C2 CorvetteとC3 Corvetteのレストアと修理作業に関して


Naber Brothersは、C2やC3 L88 Corvette等のレストアが有名だったが、2013年10月14日のオークションで、$3.2ミリオンで落札された(約3億6,480万円)1967年L88 Corvetteを、レストアした事が記憶に新しい。

前述したが、Naber Brothersにレストアを依頼する場合、2〜3年の待ち時間と、最低10万ドルの工賃がスタートと言われている。
部品代を含めるとかなりの金額(20万ドル〜)になるので、C2やL88搭載のC3が中心だったが、Naber BrothersでレストアされたC2やL88搭載のC3等が、30万〜200万ドル以上で取引されている実績をみれば頷けるだろう。

 

コルベットの修復作業等に関わってきた経験からだが、例えば39年前の1980式と、50年前の1969年式では経年劣化にそれ程大きな差は無く、むしろ個体差が大きいと思う。

特に輸入台数が多い1980年式〜1982年式は、日本国内で手を加えられた個体が多く、当方に入庫した場合、まず元に戻す事からが作業のスタートになることも少なくない。

経験からの意見だが、全く手を加えられていない車輛の方が作業し易い。

オーディオ、LEDライト類、NAVI、MSD等々が装着されている場合、電源の取り方や、配線が疑問な車輛が少なくなかった。

また1980年式からは、インチネジに加え、ミリネジが採用されているが、それを知らずに間違ったネジで締めてある事も多い。

C5以降は大半がミリネジとなった。

 

実際の作業ではC5〜C7の方が、作業が効率が良く作業時間を読める。

日本国内でのCorvetteレストア作業や、1980年当時の修理作業は時間を要し、また劣化した部品の入手等が難しく、なかなかビジネスとしては難しいのが現状だろう。その結果1980年〜1996年頃のアメリカ車の修理業者が減少した。
アメリカに比べて決して工賃レートが低くない日本国内で、レストア作業を行う事は難しい。
特に1980年〜1982年式Corvetteは台数も多いが、電装品、オーディオ、エンジン等に手を加えられた車輛が多く、実際の作業を行う場合時間を要する事が少なくない。
例えば、ホワイトメーター等の加工を行った車輛では、メーター本体を取り外してメーター専門業者で加工されるが、メータークラスター(樹脂製の本体)のひび割れや、取り付けネジの問題がある。

主な原因は、経年劣化と適切ではない脱着と思われるが、その状態で入庫された場合、再度メータークラスターの脱着を行おうとすると、割れはある、欠損はある、締め付けネジが間違っている等に直面する。

単にメータークラスターの脱着なら作業時間は読めるが、入庫時点で割れやネジの問題がある場合は、更に時間を要する事になる。
製造されてから40年近い年月を経ると、部品の劣化、樹脂部分の劣化、配線被服の絶縁不良、燃料ホースの漏れ等が頻発するが、これが半世紀近い年月の重さだろう。

 

1982年の谷田部最高速チャレンジでは、志賀氏の1977年式Corvetteで1位を獲得出来たが、1982年当時の1977年式は新車から僅か5年前の車輛になる。新しい車輛で全くのノーマル車だったのでチューニングのみに集中出来た。

今なら2014年式C7 Z51をチューニングするのと同じだろう。

「WESTの仕上げたCorvette」にするには、しっかりしたベースが有り難い。

WEST ZR1やWEST ZR-1 5号車、谷田部最高速で316.7kmを達成したWEST 7号車のC4は、いずれも新車の状態からチューニングを行った。

 

C2と初期のC3(1968〜1973)の入手方法

 

もしナンバーズマッチの1963~1973 Corvetteを上手く入手するには、アメリカ国内でレストアされた個体で10年程度を経過した場合、かなりリーズナブルな価格で入手出来る。
*但し当然だが、Naber Brother'sでのレストア車やL88は除くことになる。

これら、アメリカでレストアされたCorvetteは、根本的に我々日本人の考えるレストアとは違う。つまり上記のNaber Brother's等でレストアされ、NCRSやBloomington Goldでタイトルを取得した素晴らしいコンディションではあるが、当時のGMの工場でラインオフされた状態を理想としている。

1967年式なら51年前の新車の状態だ。エアコン装着率は、おそらく15%程度、オートマは2速、パワーステアリング装着率は約20%の時代だ。

日本では、C2やC3(1973年頃まで)の修復作業で、もし10万ドル(1,140万円)の工賃と数万ドルの部品代を支払ったなら、おそらく真夏の都心部でも、全く快適に乗れる、素晴らしい1967年式C2と、期待されるだろう。
この点がアメリカと日本のCorvetteに於けるレストアの違いといえる。

日本でのCorvetteのレストアでは、おそらく実用性(乗り易さ)と信頼性が大きなポイントを占めるが、アメリカでは、如何に生産時の状態(ラインオフされた時の状態)に近いかが重要視されているようだ。
もし投資としてCorvetteを購入するなら、圧倒的にアメリカでのレストアが強いだろう。
385万ドルで落札された1967年式L88クーペがそれを実証している。

 

今後のLSエンジン搭載のC1やC2 

 

半世紀近く以前のCorvetteに、乗り易さと実用性を求めるレストア作業は、最近ブームになりつつあるようだ。
具体的な例ではC1やC2の外観だが、C4〜C5のフレームと信頼性の高いLSエンジンを搭載したCorvetteが増えてきた。
これはこれで興味深い。
但し価格は、新車のCorvetteを上回る。

| westcorvette | C3コルベット | - | - | pookmark |
Naber Brother's アメリカのコルベットレストアの第一人者 Ken Naber氏逝去
2019.01.20 Sunday 09:00

Ken Naber氏 逝去

アメリカのCorvetteレストアの第一人者で著名なNaber BrothersのKen氏が

昨年11月に亡くなった。

C2やC3 L88 Corvette等のレストアが得意だったが、2013年10月14日のオー

クションで、$3.2ミリオンで落札された(約36,480万円)1967L88 Corvette

を、レストアした事が記憶に新しい。

*因みにCorvetteのオークション最高額は、2014年1月のBarrett-Jackson

落札された1967年L88クーペが385万ドル(4億3890万円)だ。

Naber Brothersにレストアを依頼する場合、2〜3年の待ち時間と、最低10

ドルの工賃がスタートと言われている。

部品代を含めるとかなりの金額(20万ドル〜)になるので、C2L88搭載のC3

が中心だったが、Naber BrothersでレストアされたC2やL88搭載のC3等が、

30万〜200万ドル以上で取引されている実績をみれば頷けるだろう。

 

コルベットの修復作業等に関わってきた経験からだが、例えば38年前の1980

年式と、49年前の1969年式では経年劣化にそれ程大きな差はなかった。

むしろ個体差が大きいと思う。

レストア作業は時間を要し、また劣化した部品の入手等が難しく、アメリカに比べて

決して工賃レートが低くない日本国内で、レストア作業を行う事は難しい。

もしナンバーズマッチの1963~1973 Corvetteを上手く入手するには、アメリカ国内

でレストアされた個体で10年程度を経過した場合、かなりリーズナブルな価格で

入手出来る事もある。

但し当然だが、Naber BrothersL88は除くことになる。

 

追記

これら、アメリカでレストアされたCorvetteは、根本的に我々日本人の考える

レストアとは違う。つまり上記のNaber Brothers等でレストアされ、NCRSや

Bloomington Goldでタイトルを取得した素晴らしいコンディションではある

が、当時のGMの工場でラインオフされた状態を理想としている。

 

1967年式なら51年前の新車の状態だ。エアコン装着率は、おそらく15%程度、

オートマは2速、パワーステアリング装着率は約20%の世界だ。

我々日本でC2やC3(1973年頃まで)の修復作業で、もし10万ドル(1,140万円)

の工賃と数万ドルの部品代を支払ったなら、おそらく真夏の都心部でも、全く快

適に乗れる、素晴らしい1967年式C2と、期待されるだろう。

 

この点がアメリカと日本のCorvetteに於けるレストアの違いといえる。

日本でのCorvetteのレストアでは、おそらく実用性(乗り易さ)と信頼性が大き

なポイントを占めるが、アメリカでは、如何に生産時の状態に近いかが重要視さ

れているようだ。

但し、もし投資としてCorvetteを購入するなら、圧倒的にアメリカでのレストアが

強いだろう。

385万ドルで落札された1967年式L88クーペがそれを実証している。

 

 

Dear Friends,

It is with a heavy heart that we are letting you know that Ken Naber

passed away unexpectedly last week. Ken was a long time Bloomin

gton Gold Judge and part owner of the renowned Naber Brothers

Restoration shop of Houston Tx.

| westcorvette | ZR1レポート | - | - | pookmark |
C7 ZR1 and C6 ZR1
2019.01.11 Friday 19:20

 

DSC_2904_4246.JPG

 

DSC_2906_4248.JPG

 

DSC_2908_4250.JPG

 

C7 ZR1とC6 ZR1


C7 ZR1はかなりWideなのが印象的だ。

また大容量のEaton 2650 Superchargerを搭載するので、Hoodの盛り上がりが大きい。
*C7 ZR1の車高はノーマル状態。

 

| westcorvette | C7 ZR1 | - | - | pookmark |
←back 1/107 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM